マルツエキスは本当に効果あるの?口コミや評判は?

マルツエキスは和光堂という会社で明治39年から製造されている便秘薬です。

赤ちゃんでも安心して使用できることで知られていますが、効果はあるのでしょうか?

口コミや評判はどうなっているでしょうか?

オリゴ糖との違いはどんなところでしょうか?

まとめてみました。

マルツエキスの効果は麦芽糖の力


市販の便秘薬は3歳以下に使用できないものがほとんどですが、マルツエキスは3歳以下の赤ちゃんでも安心して使用することができます

マルツエキスは水あめ状でほんのりと甘く飲みやすいのが特徴です。

麦芽糖の発酵作用により、腸の働きを活発にし、おだやかな排便を促す効果があります。

麦芽糖とは糖類の一種で、麦芽や他の穀類の芽に含まれる酵素の作用でデンプンを分解してできる糖であるため、このような名前が付けられています。

砂糖が今のように普及する前は、イモや穀類のデンプンを麦芽酵素で分解した芋飴や水飴が菓子や甘味料として利用されていました。

マルツエキスはお通じを良くするだけではなく、糖分やカリウム分の栄養補給にも効果があるようです。

使い方としては、そのままスプーンにとって飲ませたり、湯冷ましなどに溶かして飲ませたり、ヨーグルトに混ぜたりと子供の飲みやすい方法で与えることができます。

マルツエキスに副作用は無く、刺激の強いものではないので、安心して使用できます。

またマルツエキスは少々多く飲んでしまっても下痢になることはありませんし、便をやわらかくする効果もあります。

マルツエキスの口コミと評判

マルツエキスについての口コミでの評価は大きく分かれているようです。インターネット上に掲載されているママさんたちの意見を箇条書きにすると以下のようなものがありました。

  • 水あめ状なので子どもが食べるのに警戒した。
  • 赤ちゃんの便が柔らかくなった。
  • 甘すぎるのか少し舐めると嫌がる。(幼児)
  • 効いているが量が計りにくく、添付のスプーンが使いにくい。
  • 3日目ぐらいから自然に便が出るようになった。(幼児)
  • 値段が送料などを入れると高く感じる。
  • 1ヶ月ぐらい使用したら自然に出るようになった。(新生児)
  • 1週間ぐらいで整腸効果がみられた。(乳児)
  • 子供がドロッとした食感が苦手なのでヨーグルトに混ぜている。
  • 便秘の改善はなかったが便がやわらかくなった。
  • 即効性はないが便が軟らかくなった。

様々な意見がありますが、まとめるとマルツエキスが便を軟らかくする点での効果があるという意見が共通してみられました。

しかし、中にはウンチがやわらかくなっても「便秘はあまり改善されていない」「即効性はない」という意見もあるようです。

腸の働きを活発にするという面の効果については、マルツエキスの場合は子供の体質や腸内環境によって変わってくる面があるのかもしれません。

また水飴状であることが、かえって子供に飲みにくさや警戒心を与える場合もあるようです。

マルツエキスとオリゴ糖の違い

マルツエキスもオリゴ糖も糖分が主成分として使われている点では共通しています。

しかし、マルツエキスが腸内の浸透圧によって排便を促すのに対して、オリゴ糖は腸内のビフィズス菌を増やす作用があるという点で違いがあります。

便がたまっている時は、なるべく早く外に出してあげる必要があるため、マルツエキスを使うと効果的な場合があります。

一方で、便秘を繰り返しているような子の場合には、腸内環境が整いにくい体質になっていることが考えられますから、オリゴ糖を飲み続けることでビフィズス菌を増やしてあげるほうがよいかもしれません。

また子どもによって合う合わないがあったり、飲みやすいかどうかの違いも出てくるようです。

どちらも赤ちゃんから与えることのできる安心な食品ですから、両方を試してみてより良いほうを続けるようにするというのも一つの方法です。